ケータイ用語集|よく使う用語一覧

ケータイ用語集|よく使う用語一覧

本ページは「ケータイ用語集」です。
機種変更や乗り換えの手続きの際に分からない用語が出てきたり、見慣れない単語を見かけると、「どういうものなのか」と疑問を感じてしまいますよね。
分からない用語は本ページで確認しましょう。

あ行

あ行

iOS

iOS

iPhoneシリーズ、iPadシリーズ、iPod touchシリーズの基本ソフト。さまざまなアプリを動かすためには欠かせないソフトです。
一般的なandroidのように、OSと端末のメーカーが異なっておらず、どちらもAppleが提供しています。

IoT(アイオーティ)

IoT(アイオーティ)

モノとインターネットをつなぐ仕組みです。
パソコンやスマホなどの情報通信機器だけでなく、家具家電といったあらゆるモノをインターネットでつなぎ、それぞれが通信を可能にします。
Internet of Thingsの略です。

アイコン

アイコン

ホームボタンに配置されているボタンです。四角、または丸い形状が特徴で、アプリを起動する際にタップします。

アカウント

アカウント

Webサービスを利用するときに、ログインする際に必要な権利です。

アップデート

アップデート

Android、iPhone、アプリなどの状態を更新することです。
アップデートすることで、不具合が改善されるだけでなく、新機能が追加されたりすることもあります。

アプリ

アプリ

「アプリケーションソフト」の略で、androidやiPhoneのゲームやSNSやツールは「アプリ」をダウンロードすることで利用ができるようになります。

アンインストール

アンインストール

インストールしたアプリを削除することを意味します。

アイコン

アイコン

ホームボタンに配置されているボタンです。四角、または丸い形状が特徴で、アプリを起動する際にタップします。

Android

Android

スマホやタブレットの基本ソフトです。Googleが提供するソフト(OS)であり、アプリを正常に起動するために必要です。

インストール

インストール

スマホ内にアプリを取り込むことです。

インポート

インポート

使用しているものとは別のスマホやアプリ、パソコンなどで作成・使用したデータを、現在使用している端末の中に入れることです。
具体的には「電話帳」「メール」「写真」「ブックマーク」といったデータを取り出し、別の端末に入れることができます。

ウィジェット

ウィジェット

ホーム画面で動かせるミニアプリのことです。

HDR

HDR

撮影した写真の明るさの幅を広げる技術を意味します。
適度な明るさに調整し、適した露出の写真ができるのです。

エクスポート

エクスポート

いま使用している端末の中のデータを、別の機器などへ取り出して、使用することです。

SDカード

SDカード

メモリーカードのことです。複数のサイズがあり「micro」「nano」などがあります。
Androidであればほとんどの端末で使用できるため、データのバックアップや本体の容量の確保に便利なアイテムです。
iPhoneに関してはSDカードに対応していません。

NFC

NFC

世界規格の一つで、NFCを搭載した機器に触れなくても「かざす」だけで簡単にデータ通信できます。
電子マネーで利用されることが多い規格です。

APN

APN

Access Point Nameの略で、スマホなどがインターネットに接続する際に必要になる接続先の設定のことです。

MVNO

MVNO

NTTドコモやソフトバンクといった大手通信事業者から、通信インフラを借りてサービスを提供する企業のことです。

LTE

LTE

4Gと呼ばれることもある、モバイルデータ通信技術の規格のことです。

か行

か行

機内モード

機内モード

すべての無線通信の電波を送受信しないようにする設定で、通話、メール、Wi-Fiなどの通信を一切切断します。

キャッシュ

キャッシュ

機器のOSもしくはアプリが、一時的に保存しているデータのことです。保存しっぱなしにしていても問題はありませんが、機器の負荷となり動作が重くなることがあります。

キャリア

キャリア

NTTドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)、といった通信サービスを提供している事業者のことです。

キャリアアグリゲーション(CA)

キャリアアグリゲーション(CA)

高速で通信を行う方式のことを指します。

Googleアカウント

Googleアカウント

Googleが提供するサービスを利用するために必要なIDです。
具体的には「Google Playストア」「Googleドライブ」「YouTube」などの利用が可能になります。

Google Chrome

Google Chrome

Googleが提供しているブラウザーのことです。
拡張機能がある、動作が速いといったメリットがあります。

Googleドライブ

Googleドライブ

Googleが提供しているサービスです。
インターネット上にデータを保存でき、機器の容量を圧迫しないだけではなく、バックアップ先として活用されることも多いです。

Google Playストア

Google Playストア

Android向けのコンテンツ配信サービスです。
Googleが提供しているサービスで、アプリや動画音楽、電子書籍などがダウンロードできます。

クラウド

クラウド

データをインターネット上に保存できる機能です。
機器の容量を圧迫しないだけではなく、複数台で共有できるサービスも多いのが特徴です。

QWERTY(クワーティ)入力

QWERTY(クワーティ)入力

スマホやタブレットなどの機器で文字を入力する際に、パソコンのキーボードと同じ配列のキーボードを使って文字を入力する方法です。
パソコン入力に慣れている方におすすめです。

さ行

さ行

Gmail

Gmail

Googleが提供しているサービスです。
無料でウェブメールを送受信できます。

GPS

GPS

人工衛星からの電波を用いた位置測定システムのことです。
主に、地図サービス、ナビゲーションなどで使用されることが多いです。

SIMカード

SIMカード

ソフトバンクやKDDIといったキャリアとの契約情報が記録されたICカードです。
あらゆる端末間で使用することができます。

SIMフリー

SIMフリー

SIMロックを解除し、使用中のSIMカードであらゆる端末で使用できるしくみです。
SIMカード契約と、端末の購入先を別々にすることができ、契約内容によっては月額の利用料金を安くすることができます。

指紋認証

指紋認証

指の指紋を使って個人を認識する技術で、アカウントへのログイン、端末のロック解除などで使用されます。

ショートカット

ショートカット

すぐに希望のページを見られるようにしてくれる機能です。
お気に入りのサイトのショートカットアイコンをホーム画面に置くと、タップするだけでお気に入りのページを見られるようになります。

スクリーンショット

スクリーンショット

画面に表示されたものをそのまま静止画像にしたものです。
「メモ」「ゲーム状況の共有」などとして活用することができます。

ステータスバー

ステータスバー

画面上部のスペースで、「通知バー」とも呼ばれます。
電波やバッテリーの残量や通知、電話やメールの着信などが表示される場所です。

スクリーンショット

スクリーンショット

画面に表示されたものをそのまま静止画像にしたものです。
「メモ」「ゲーム状況の共有」などとして活用することができます。

ステータスバー

ステータスバー

画面上部のスペースで、「通知バー」とも呼ばれます。
電波やバッテリーの残量や通知、電話やメールの着信などが表示される場所です。

ストレージ

ストレージ

データを保存できる領域のことで「オンライン」「内部」「外部」の3種類があります。

スリープ

スリープ

一定時間スマホを操作しなかった場合に、画面を消灯する機能です。消費電力を抑えることができます。

スワイプ

スワイプ

画面に触れたまま、画面上で指をすべらせる操作のことを意味します。

赤外線通信

赤外線通信

通信技術の一つです。赤外線を使用し、近距離でデータを送受信します。

た行

た行

帯域制限

帯域制限

規定のデータ通信料をオーバーした際に、通信料を制限することです。
インターネットの速度が遅くなり、ウェブサイトのページを開くまでに時間がかかることがあります。

ダウンロード辞書/ダウンロードフォント

ダウンロード辞書/ダウンロードフォント

「方言」「地名」「ビジネス用語」などの専門用語の辞書や「手書き風」「明朝体」といったフォントを追加します。

タップ

タップ

スマホの操作方法の一つで、画面を指で軽くタッチします。

WQHD

WQHD

画面解像度を表す基準である「Wide Quad-HD」の略です。

ダブルタップ

ダブルタップ

タップを2回繰り返すことで、画面を指で軽く2回タッチします。

タスクマネージャー

タスクマネージャー

起動中のアプリを管理する機能です。
現時点で何のアプリが起動されているのかを確認したり、終了させたりして複数のアプリを管理します。

通知領域

通知領域

「ステータスバー」をスワイプすると、表示される画面のことで、「通知パネル」と呼ばれることもあります。

テザリング

テザリング

Android端末をモバイルルーターのように使用することができます。
これで、パソコンやタブレットを回線を経由してインターネットに接続できるようにする機能のことです。

電子書籍

電子書籍

書籍や出版物などをデジタル化したものです。
スマホやタブレット、パソコンなどで読むことができるようになります。

同期

同期

端末同士をすべて同じデータに更新することです。
例えば、スマホやタブレット、パソコンなど、それぞれの端末のデータをすべて同じ状態にします。

トグル入力

トグル入力

ガラケーの文字入力方法のことです。
従来の文字入力方法は「あ」のキーを5回タップすることで「お」が入力できます。操作性のシンプルさが特徴です。

ドック

ドック

アプリのショートカットが並んでいる場所です。
ホーム画面の下部に位置していて、通知やメールといったアプリが表示されます。

ドラッグ

ドラッグ

画面をタッチしたまま、指をスライドさせる操作方法のことです。
例えば、ホーム画面のアイコンをドラッグすると、目的の場所に移動させることができます。

な行

な行

長押し

長押し

画面を押し続けることで、アプリや設定の変更などで必要な操作です。
他にも「ロングタップ」「ホールド」と呼ばれることもあります。

は行

は行

8K

8K

読み方は「ハチケー」で、フルHDの16倍の解像度のことです。
美しい映像や画像を楽しむ場合には、8Kがおすすめです。

ピンチ

ピンチ

画面上で指2本をタッチしたまま、それぞれを近づけたり、離したりして操作します。
2本の指を広げると画面を大きく表示、2本の指を近づけると画面を小さく表示します。
写真を大きくして確認したい場合や、ウェブサイトの細かい文字を読みやすくする際に操作することが多いです。

FeliCa

FeliCa

触れなくても、データ通信ができるシステムのことです。
ソニーによって開発されたシステムで「かざす」という行為で、データ通信ができます。

フォルダー

フォルダー

データを格納するBOXのことで、写真や動画、アプリなどを保存する場所です。
分類して保存できるため、写真や動画を複数に分けて保存した場合に作成します。

フリック

フリック

指で画面に触れたまま、サッとはらう操作です。

フリック入力

フリック入力

フリック操作による文字入力方法のことです。
「あ」を押すだけで、キーの周辺に「い」~「お」が表示され、目的の文字に触れると入力されます。

フルHD

フルHD

超高精細な解像度で、ピクセル数は「1920×1080ピクセル」です。
画像や動画の色彩が鮮やかで鮮明になります。

Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetooth(ブルートゥース)

無線通信の技術の一つです。
障害物に影響されることなく通信でき、「ワイヤレスヘッドホン」「ワイヤレスマウス」などとして使われます。

ペアリング

ペアリング

2つの機器を接続することです。
例えば、音楽を聴く際に、ブルートゥースに対応しているスマホとスピーカーそれぞれを紐づけることで、スマホで操作して音楽をスピーカーで再生することができます。

ホーム画面

ホーム画面

待ち受け画面のことです。
アプリのアイコン、時刻などが表示されています。

VoLTE

VoLTE

LTE回線を使った音声通話です。
従来の回線である「3G回線」と比較すると、音声品質が高いだけではなく、通話しながらインターネットに接続できます。

ま行

ま行

マウント

マウント

Android端末に限定された機能で、SDカード内のデータをAndroid端末に認識させることです。

マルチタスク

マルチタスク

2つ以上のアプリをスマホで起動、操作することです。
具体的には「通話しながらインターネットに接続する」「動画を視聴しながら地図を見る」などができます。

マルチタッチ

マルチタッチ

画面を2本の指で触れて、それぞれ同時にすべらせる入力方式です。

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信

通信回線を使用して、インターネットに接続することです。
Webサイトの閲覧だけではなく、メールの送受信にも必要な接続です。

モバイルルーター

モバイルルーター

モバイル回線を使って、インターネットに接続するための端末です。

や行

や行

USB Type-C

USB Type-C

USBポートのことで、パソコンやスマホに使われます。

4K

4K

フルHDの4倍の解像度のことです。

ら行

ら行

リフレッシュレート

リフレッシュレート

ディスプレイが1秒の間に、「画面表示」を書き換える回数のことです。
リフレッシュシートの数値が高いと、電子機器特有の不安定な表示を抑えることができます。

わ行

わ行

Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fi(ワイファイ)

無線LANの規格の1つです。
パソコンやスマホなどをインターネットにつなげる際、専用のコードなどが不要。
インターネット速度が早いのが特徴です。

ワンセグ

ワンセグ

携帯電話やスマホで視聴できる「地上デジタルテレビ放送」のことです。