無料メール相談|ソフトバンク(SoftBank)乗り換えキャッシュバック.com

お問い合わせ電話番号0120-108-516[営業時間]365日9:00~23:00|ソフトバンク(SoftBank)乗り換えキャッシュバック.com

ソフトバンク(SoftBank)へのMNP(スマホ乗り換え)で「その場で」最大5万円キャッシュバック!auやドコモなどからのMNPでキャンペーン

ソフトバンク光もしくはAirとソフトバンクでんきでキャッシュバック最大5万円

ソフトバンク(SoftBank)へのMNP(スマホ乗り換え)で話題の最新スマホも月々1,343円~!auやドコモなどからのスマホ乗り換えでキャンペーン

題字背景

ソフトバンクの
キャンペーン

題字背景

ソフトバンクの
料金プラン

題字背景

ソフトバンクの
取り扱い機種

会社概要
プライバシーポリシー

ソフトバンクに乗り換え後も「クーリングオフ」ができる!?

ソフトバンクに乗り換え後も「クーリングオフ」ができる!?

他社比較交渉歓迎 記載内容につきましてはコチラで承っております ソフトバンク(SoftBank)乗り換えキャッシュバック.com 無料お問い合わせ

ソフトバンクに乗り換えた後でも「クーリングオフ」ができるのをご存知ですか?
乗り換えてから「やっぱり別のキャリアがいい…」となってしまっても、2年縛りを我慢することなく、解約することができるのです。
乗り換えに不安を感じている方は、ぜひこの「クーリングオフ制度」をチェックしてみてください。

乗り換え後にクーリングオフができる

乗り換え後にクーリングオフができる

乗り換え後にクーリングオフは可能です。
一定期間内であれば、乗り換え後であっても解約が可能。
また、サービスが悪質である場合は、一方的に契約を解除することができるのです。
これは、電気通信事業法の改正によって定められた制度で、利用者を守るための重要な制度の一つ。
万が一サービスに不満がある場合は、早い段階であればクーリングオフでソフトバンクとの契約を無かったことにできます。

クーリングオフができる期間

クーリングオフができる期間

クーリングオフが認められているのは、契約から8日間です。そのため、契約間もない段階であればクーリングオフができるということになります。
しかし、契約から8日以上が経過してしまうと、仮にサービスに欠陥があったり、悪質なサービスであったりしても、クーリングオフは難しくなってしまうのです。
契約時点や直後に「思っていたのと違う」と違和感を覚えた場合は、早めにクーリングオフの手続きをすることが大切です。

クーリングオフの条件

クーリングオフの条件

クーリングオフは、基本的にサービスに問題画ある場合にのみ適用されます。具体的な条件としては、次が挙げられます。

 ・ 契約日から8日以内(契約書面受領日から8日以内でも可)
 ・ サービスに欠陥がある
 ・ 契約書面等に対する説明不足
 ・ 契約書面等の内容に虚偽がある
 ・ 購入端末の破損や欠品

期間や、サービスそのものの条件はもちろんのこと、スタッフによる説明不足や、虚偽の説明などがあった場合もクーリングオフ適用の対象となっています。
また、購入端末に破損があったり、付属品が不足している場合などもクーリングオフの対象です。

ただし、個人的な理由でのクーリングオフは認められていません。
例えば「よく確認したら別のキャリアの方がお得だった」「説明は十分にあったものの自分が聞いていなかっただけ」という場合は、クーリングオフの条件を満たしたことにはなりません。

クーリングオフの方法

クーリングオフの方法

クーリングオフをする場合は、店舗もしくは専用のコールセンターに連絡して手続きを行います。
スムーズなクーリングオフの手続きを求めるのであれば、自分が契約した店舗でクーリングオフするのがおすすめ。
契約時に担当したスタッフがいれば、クーリングオフの手続きをスムーズに行ってもらえるでしょう。

乗り換え後のクーリングオフの注意点

乗り換え後のクーリングオフの注意点

ソフトバンクに乗り換えた後にクーリングオフをする場合、いくつか注意点があります。

利用料金について

利用料金について

仮にクーリングオフをしても、契約から実際に解約した日までの利用料は支払わなければなりません。
ただし、日割りで計算するため、一か月分の利用料金を支払う必要はありません。

電話番号が失効する

電話番号が失効する

MNPでソフトバンクに乗り換えた場合、クーリングオフをすると電話番号が失効されています。これは、クーリングオフによって「契約前の状態に復帰できない」というのが理由で、別のキャリアに契約する場合は「新規契約」として手続きしなければなりません。

端末代金が一括請求される場合がある

端末代金が一括請求される場合がある

基本的にクーリングは、端末代金も同様に扱われることがほとんどですが、キャリアによっては、端末代金はクーリングオフの対象にならないことがあります。
そのため、場合によっては、分割で支払う契約をした場合は端末代金を一括で支払わなければならないのです。
また、すでに一括払いを済ませてあっても、返金されることはないため注意してください。

他社比較交渉歓迎 記載内容につきましてはコチラで承っております ソフトバンク(SoftBank)乗り換えキャッシュバック.com 無料お問い合わせ

他社比較交渉歓迎 記載内容につきましてはコチラで承っております ソフトバンク(SoftBank)乗り換えキャッシュバック.com 無料お問い合わせ